注目キーワード
  1. 介護
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 保育士
  5. 転職

看護師の転職理由でよくあがるのは人間関係の悩み

人間関係や職場の風通しが悪いことを理由に転職を考える方は看護師に限らずとても多くなっています。
特に看護師は女性が多い職場であり、こうした傾向は強く出ています。

意地悪な先輩の話を結構よく聞きますが、
挨拶をしても無視をされてしまったり、患者さんがいるところで不必要に叱られて恥ずかしい思いをさせられたり、
時には伝達事項が自分にだけ届いておらず業務に大きな支障を来すこととなってしまったりと、
人間関係の悪化は職場内だけでなく、かかわる方全ての人に悪い影響を及ぼす可能性が高いため、早めに対処していくことが重要です。

こうした職場の先輩との人間関係悪化のケースではもちろん転職して職場を変えるというのも一つの手ですが、
同職場で働いていくことを考えるケースでは、その先輩よりも上の人に思い切って相談してしまうのが良いでしょう。

そうすることで人間関係が良好になることは稀ですが、少なくとも仕事に支障がでることは少なくなります。

とにかく仕事さえこなせれば問題無いと割り切った関係を職場では目指すのもありと言えばありです。

あなたの性格によるところもありますが、プライベートと仕事をキッチリ分けて考えることができる正確なのであれば、こうした選択も良いでしょう。
ただ、気に病む性格の方は思い切って転職を視野に入れても良いかも知れません。

上司や管理職との人間関係が悪い場合

単なる先輩との人間関係の悪化であれば仕事上の問題はさらに上の上司に相談することで表面上解決できるのですが、
もっと上の管理職や経営に近いところにいる人と人間関係が悪くなるととても面倒です。

同僚に相談して解決するものでもありませんので、一人で思い悩んでしまう方も少なくありません。

あなたのシフトだけキツくなっていたり、あなただけ厳しく叱られたりと、嫌な思いをする方もいらっしゃいます。

このようなケースでは、転職をお考えになっても良いのかなと思います。

職場で一人思い悩んでいるくらいなら環境を変え、気分を一新して働くという選択は精神的にも良い方向へと動きます。

看護師の世界は人間関係がドロドロなことが多い?

看護の世界は人間関係が悪いという話がよく出ますが、人間関係が良好なところもあります。
しかし、人間関係で嫌な思いをする方多いのも事実で、そうした経験が特に強い業界なためこのような話が出てくるのでしょう。

ただ、責任の重い仕事をしているということもあり、人間関係が悪く見えるという一面もあると考えられます。

人の命に係わる仕事をしており、先輩方から終始厳しい目を向けられることが多い職場ではあります。
それは仕方がないことであり、そうしたことからギクシャクし、人間関係が悪く見えてしまうということはあると思います。

看護の仕事をしていて最も避けたいのは患者さんに悪い影響を与えることです。

逆に和気あいあい気楽に働いている職場は怖いです。

人の命を預かっているわけですからある程度の緊張感は保って働くことは必要でしょう。

人間関係が悪いと感じている場合、一度自身の職務責任と先輩方の言動などを振り返り、
どのような意図があるのか、いじわるなのか考えてみても良いかと思います。

そのうえで、転職を検討されても良いでしょう。

他の職場ではどうなのか?など気になる方もいらっしゃるかと思いますので、そのようなケースでは転職エージェント等に転職相談してみても良いかと思います。

人気記事看護師におすすめの転職サイト・転職エージェントは?転職で失敗しないコツも紹介!

人気記事看護師の給料事情 看護師の平均年収はどのくらい?

介護士・保育士・看護師・薬剤師等各職種ごとにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職に失敗しないコツなんかも紹介していますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。