注目キーワード
  1. 介護
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 保育士
  5. 転職

介護事務の仕事内容は?転職するのに資格は必要?

介護施設では、介護職員や看護職員、リハビリ専門職、相談員など様々な職種の職員が働いています。
介護施設の収入は、実際に介護を受ける方が負担する費用の他に、公的保険制度である「介護保険」からも支払われ、介護事務はその収入を請求するために裏方として施設を支える大事な役割を担っています。

介護事務の仕事内容

介護事務の仕事で最も重要な仕事は、介護保険給付費明細書(介護レセプト)の作成です。

介護保険では、提供した介護サービスを集計し翌月に介護保険請求業務を行います。
介護施設の収入の大部分は介護保険からの収入に支えられており、介護請求は施設の経営を支える重要な業務です。

介護請求には、介護システムと呼ばれる利用者管理や提供サービスの管理、介護計画の作成などを行う専門のシステムを利用することが一般的です。
介護請求は、実際に提供した介護サービスを保険請求というかたちで収入にする作業です。
そのため実際に現場でどのような介護サービスが提供されているかを覚えることや、仕事の流れを覚えることも必要です。

また、施設にかかってくる電話の対応や窓口対応も業務の一部となります。

利用者のご家族や外部のケアマネジャーなどからの一次対応をする必要もあり、高齢者の対応や専門職の対応も必要になります。

その他に、専門的な介護は介護職員などの専門職が行いますが、事務員と言っても送迎の付き添いなどの軽介助を行わなくてはいけない場合もあり幅広い業務をこなさなくてはいけない仕事と言えます。

施設によって異なる介護事務の仕事内容

介護事務に期待される仕事内容は施設により大きく異なります。
大きな施設になると複数の事務員を置くこともありますが、小さな施設では事務員は数名しかいない場合がほとんどです。

また、介護施設では病院などと異なり毎日その場で請求や支払いがある訳ではありません。
そのため、介護事務と言っても一般事務(経理や人事、労務管理など)も行わなくてはいけない施設もあります。

介護事務の資格とは

介護事務として働くための資格には、幾つかの種類があります。

これらの資格は、介護報酬請求を学ぶものとなっているため最低限の知識を持っていることを証明することが出来ます。

しかし、実際には施設により提供しているサービスが異なったり使用するソフトによって請求方法が異なったりするため、資格を持っているからと言ってスグに業務をこなせるというものではありません。
また、介護事務の資格は全て民間資格となっており「資格が無いと働けない」というものではありません。
介護事務の資格として具体的には、以下のような資格があります。

資格名 運営団体
ケアクラーク 日本医療教育財団
介護事務管理士 技能認定振興協会
介護報酬請求事務技能検定 日本医療事務協会
介護事務実務士 医療福祉情報実務能力協会
介護事務管理士 技能認定振興協会

介護事務の資格取得は転職・就職で有利になる?

介護事務としての転職・就職を考える際に、資格取得をすることは最低限のスキルを証明することになるため就職や転職に有利となります。また介護施設の現場では、パソコンでの書類作成や記録作業も多くあるためパソコンスキルを証明できる資格なども就職には有利です。

しかし、介護事務の募集において資格を必須としている施設は決して多くはなく、実際に働き始めてから業務を覚えても遅くはないかもしれません。

介護事務の将来性

超高齢社会を迎え、介護施設は年々増加しています。
また、介護保険制度も段々と複雑化しており介護施設を裏方として支える介護事務の仕事も専門性を増しています。
今後、ますます介護業界のニーズが高まることは確実なため、介護事務の将来性や必要性も高まることが予測されます。

介護業界は人手不足

最近ではどこの施設でも、介護職員や看護職員の人手不足が深刻となっておりその専門性を活かした仕事以外の業務は、間接部門である介護事務が担うことも多くなっています。
人手不足で、介護業界そのもののニーズは高まっている中で施設経営は厳しくなっているのが実態です。
介護施設は小規模な施設が数多くあるという特徴があります。
小さな施設では、一日の利用者が数名という施設もあり、余剰な人員を配置できないという経営上の問題があるケースもあります。

介護事務に求められる能力

介護業界は、有資格者や専門職が数多く働く業界です。
介護事務がいるだけでは施設運営は出来ず、多くの専門職を間接的に支えることが仕事の中心です。
そのため、外部の利用者や事業所とのコミュニケーションはもちろん、施設内の職員とコミュニケーションを上手く取れる能力が必要です。また、介護請求は非常に大きな金額を扱う仕事でもあるので、仕事の正確さや早さも重要となる仕事です。

介護事務のニーズは高まっているので転職のチャンスはある

高齢者の増加に伴い、介護の必要性は高まるばかりです。
介護事務は、介護施設を間接的に支える縁の下の力持ちとして活躍する仕事です。

日々の仕事も同じ作業の繰り返しではなく、様々な業務をこなす必要があり、やりがいを感じることが出来る仕事と言われます。
そして、高齢者をはじめ、職員からも頼られ感謝される仕事でもあります。
介護事務は、高齢化社会でますます需要の高まる魅力のある仕事と言えます。

現在介護業界は採用を強化しており、簡単ではありませんが、介護事務のポジションにも未経験でも転職できるチャンスは広がっています。

介護事務への転職をお考えであれば、転職市場が活発な今の時期にチャレンジしてみると良いでしょう。

転職においては転職サイトやエージェント等から情報収集するのも良いかと思いますので、興味のある方は以下の記事もご覧ください。
転職に失敗しないコツ等も紹介しています。

関連記事

現在介護業界で働いている方はもちろんこれから介護業界で働こうかどうか迷っている方に向けて、介護業界の転職でおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介しつつ、転職で失敗しないコツなんかも紹介していきたいと思います。 介護士向けの転職サ[…]

介護士・保育士・看護師・薬剤師等各職種ごとにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職に失敗しないコツなんかも紹介していますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。