注目キーワード
  1. 介護
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 保育士
  5. 転職

保育士の転職活動で志望動機は何を書けばいい?志望動機を書く際のポイント

転職活動の中で履歴書を書くとき、志望動機をどのように書けばいいのかわからなくなることはありませんか?

嘘を書くことはいけませんが、せっかく書くのであれば保育園にとって印象の良い志望動機を書きたいですよね。

保育士として転職を考えている場合、志望動機を書くことはそれほど難しいことではありません。ポイントをつかめれば、意外と簡単に書けるのです。

今回は、保育園がどのような人材を求めているのかをお伝えしながら、志望動機を書く際のポイントについて詳しく紹介していきたいと思います。

保育士の転職を考えている方は、ぜひ1度ご覧になってみてください。

保育士の転職で志望動機を書く際のポイント

志望動機を書くのに重要なポイントは3つあります。

それは、保育園の理念に共感していること・どんな保育士を目指しているか・保育園で働くうえで自分の何が役に立つかです。

保育園側は、たくさんある保育園の中からなぜ自分の保育園を選んだのかを知りたいと思っています。

そして、保育士の方々には理念に沿った働き方をしてほしいと願っています。

そのうえで、みなさんのどんなところが保育園で働く中で役に立ってくれるのかが気になっているのです。

このことから、3つのポイントを踏まえた志望動機を書くことで、相手が知りたい情報をしっかりと伝えていくことができます。

このポイントを活かしてもらうために、職業や立場別分けて詳しく解説していきます。

保育士として別の保育園へ転職する場合

現在保育士として勤務している方が別の保育園へ転職したい場合の志望動機の書き方のポイントを見てみたいと思います。

保育園が求めていること

これまでの保育士の経験を活かして、スキルアップしていける人を求めています。

保育のスキルや保護者とのコミュニケーションなど、経験者だからこそ臨機応変に対応できる人に来てほしいのです。

なぜ前の保育園を辞めたのか、その理由も気になるところなので、その点も踏まえながら志望動機を書いていきましょう。

アピールできるポイント

保育士からの転職を考えている方は、どんな保育士を目指しているかを重点的に書くことをおすすめします。

保育士として働くなかで、“こんな保育士になりたい”と感じることがあるかと思います。

「自分の理想に近づくために転職したい」という前向きな気持ちが相手に伝われば、向上心を持って働いてくれると感じてもらえるでしょう。

他職種からの保育園・保育士として転職する際の志望動機

昨今多職種から保育士になりたいということで転職されるケースも増えています。
そうした未経験の方が転職するケースを見てみたいと思います。

保育園が求めていること

未経験の中途採用の場合は、保育のスキルに関してはあまり求めていません。

それよりも、社会人経験を保育園でどのように活かしてくれるのかを保育園側は期待しています。

営業職や接客業であれば、保護者対応に活かせることがたくさんあります。

パソコンが苦手な保育士もいるので、ワードやエクセルを使いこなせることも重要です。

アピールできるポイント

他職種からの転職を考えている方は、保育園で働くうえで自分の何が役に立つかを重点的に書くことをおすすめします。

前職で経験してきたことの中で保育士として役に立つことがあれば、園にとって貴重な人材となります。

保育の知識や経験が少ない分、他の部分でしっかりとアピールできるような志望動機を書いていきましょう。

子育て経験者(ブランクあり)の転職

子育ての経験がある方はアピールポイントが多くなります。

保育園が求めていること

子育てをされたことのある方は、母親としての経験を活かしてほしいと思っています。

保護者にとっても子育て経験のある保育士がいてくれると安心できるので、子育て経験者は重宝されます。

アピールできるポイント

ブランク有りからの転職を考えている方は、保育園の理念に共感していることを重点的に書くことをおすすめします。

この保育園だからこそ働きたいことが伝われば、ブランクがあっても母親としての経験を活かしてくれると思ってもらえます。

志望動機を書く際の注意点

ここからは、実際に志望動機を書く際に注意した方が良いポイントについて見ていきたいと思います。

ネガティブなことを書かない

前職を辞めた理由はいろいろあるかもしれませんが、不満や悪口につながるようなネガティブな内容は書かないようにしましょう。

採用する側は、ネガティブなことを書く人に働いてほしいとは思いません。

前向きな文章を書くように心がけてください。

給与や待遇については書かない

給与が高い・福利厚生が充実している点は、転職する側にとっては重要な条件ですがそれをそのまま志望動機に書くのはおすすめしません。

志望動機にしては弱いですし、更に良い条件のところがあればまた転職されてしまうのでは思われてしまいます。

自分の言葉で書く

ネットで探せば志望動機の例文はたくさん出てきますが、それをそのまま真似て書くのは辞めましょう。

人が考えた文章は、意外と相手にばれやすいものです。

大切なのは、文章力よりも内容なので、自分の言葉で書くようにしましょう。

保育士の転職における志望動機の書き方のまとめ

志望動機を書く際のポイントは、育園の理念に共感していること・どんな保育士を目指しているか・保育園で働くうえで自分の何が役に立つかであるということをお伝えしました。

転職活動をされる方の立場はそれぞれ違いますし、希望の働き方もみなさん違います。

しかし、採用の際に知りたい情報はどの保育園もあまり違いはありません。

ですので、複数の保育園に応募される方でも、3つのポイントは充分に役立つことと思います。

この記事をご覧になったみなさんが、希望の保育園に採用されることを願っています!

なお、志望動機に限らず転職活動全般に少しでも不安があるという方は転職エージェントを活用するのも良いかと思います。

応募書類の書き方や面接対策等のサポートはもちろん、少しでも給料アップしたいとお考えケースや園の雰囲気が気になるといった場合でもエージェントの方が情報提供してくれるので安心して転職活動をすることができます。

本サイトでも転職エージェントの利用のコツや転職に失敗しないためのポイントについて紹介していますので是非ご参照ください。

関連記事

今までに、保育士で転職を考えたことはありますか? 現在勤める保育園が合わなかったり、結婚や出産などのライフスタイルの変化で転職を考える機会は少なくありません。 しかし、転職したいと思っていても、その一歩を踏み出すのが不安に感じて[…]

介護士・保育士・看護師・薬剤師等各職種ごとにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職に失敗しないコツなんかも紹介していますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。