注目キーワード
  1. 介護
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 保育士
  5. 転職

薬剤師が転職で年収アップを狙う時のポイントは?年収が気になる薬剤師の転職

薬剤師は年収が高いというイメージがあり、実際に初任給が高い場合が多いですが、その分上がりにくいというのが一般的な認識です。

実際そうでしょうか?もし年収アップのために転職するのであればどのような点に気を付けていったらいいのかなど、職種別にみていきましょう。

ドラッグストア薬剤師の年収

ドラッグストア薬剤師の初任給は平均的に25万~35万程度といわれていて、薬剤師の就く代表的な職業の中で高い部類に入ります。

そのため、転職によって給与が上がるというのが難しい職業の一つです。

しかし、難しいのであって不可能ではありません。

年収アップを目指した転職を行う場合、ドラッグストアでは調剤併設型を狙いましょう。

OTC販売型と調剤併設型と2種類ありますが、高収入を狙うのであれば絶対に「調剤併設型」に転職しましょう。

OTC販売型では薬剤師の専売特許ともいえる調剤業務ができないことから場合によっては薬剤師手当がついてこず、給与に影響する場合があります。

また、再度転職する際に調剤業務を必要とする仕事に転職する際に経験年数に関わるかもしれません。

もちろんOTC販売型でも接客技術やドラッグストア経営に触れられるといったメリットもありますのでその部分で転職時のアピールとすることもできますが、ほかの職業と差別化するなら、薬剤師にしかできない業務を長く経験している、という部分になるので、調剤併設型がおすすめです。

また、人がなかなかいかない店舗に行くことで給与アップが目指せます。

田舎であったり、人手不足の店舗に行くという前提であれば年収を高めに提示されることもあるので、忙しかったり、交通の便があまりないところでも問題なければおすすめです。

そのようなへき地であればOTC販売型でも十分に給与が高い場合がありますが、その分多くの仕事を任されることが考えられるため、棚卸しやレジ打ちなどが仕事内容に含まれる可能性が高いです。

“薬剤師らしい仕事“にもしこだわるのであればあまりおすすめしません。

調剤薬局薬剤師の年収

調剤薬局薬剤師の初任給は当然ながら調剤業務を行えるのが薬剤師のみとなりますので、平均的に22万~33万程度で、これはドラッグストアの少し下ですが、薬剤師の就く職業の中では高収入です。

調剤薬局で転職で年収を挙げるのにおすすめなのが管理薬剤師などの役職経験を得て後や専門薬剤師などの専門性を身に着けた後です。

調剤業務そのものの質というのは図りにくく、転職時に転職先企業が年収を見るときに参考にする対象となるためです。

管理職経験があればマネージメントや自己管理能力があると考えられますし、専門性があることで知識があることはもちろんですが、それを得るための勉強を行う集中力があると想定できます。

また、ドラッグストア薬剤師でご紹介した通り、人が行きたがらない場所や店舗に行く場合は多めの給与を提示される可能性があります。

地方のほかにも、あまり薬学部がそばにない地域も狙いどころです。

ただ、地方の調剤薬局になると周りに全く調剤薬局がない場合があり、その一帯の患者さんがその調剤薬局に殺到することが考えられます。

インフルエンザ予防接種時期や風邪がはやる時期は非常に忙しくなることが考えられるのであまりにも調剤薬局の数が限られる地域は繁忙期の残業の覚悟が必要です。

病院薬剤師の年収

薬剤師が就きがちな職業の中で最も年収が上げにくいのが病院薬剤師でしょう。

なにしろまず就職するのにも枠数が少なく、臨床を経験できる人気の職業ですから年収を高く提示する必要があまりないからです。

では病院薬剤師の転職で年収アップは不可能なのでしょうか。

難しいかもしれませんが、不可能ではありません。

一つは調剤薬局とドラッグストアでの年収アップでご紹介しましたが、役職を獲得することです。マネージメントができるということはほかの医療従事者が多数いる病院では灌漑されます。

また、こちらも調剤薬局やドラッグストアとかぶりますが、人が行きたがらない場所の給与は高くなりがちです。さらにより小規模の病院の方が、国立より民間病院の方が高くなる傾向があります。

なお、中小病院に年収だけを見て転職を行うと想像していた福利厚生や手当がない、思った以上に当直の頻度や残業時間が長いといったトラブルが発生する可能性がありますので、きちんと希望条件以外の部分もどのようなものがあるか確認しておきましょう。

薬剤師の年収アップの転職は可能だが他の要素にも目を向けましょう

年収アップの転職は仕事に対するモチベーションを挙げるための重要なファクターですが、唯一のファクターではないです。

年収のためにほかの条件をきちんと確認しなかったり、軽く妥協したりしてしまうとせっかくの転職が失敗になり、再度転職をしなければならなくなるかもしれません。

なかなか一人が広い視野を持つというのは難しいので、できれば相談できる第三者の視点を借りましょう。

おすすめは転職サイトのエージェントです。転職について詳しいエージェントに希望や妥協できるポイントを相談し、後悔しない転職をしましょう。

人気記事薬剤師におすすめの転職エージェント・転職サイトは?転職で失敗しないポイントも

人気記事薬剤師が転職エージェントを利用して転職するメリットは?

介護士・保育士・看護師・薬剤師等各職種ごとにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職に失敗しないコツなんかも紹介していますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。