注目キーワード
  1. 介護
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 保育士
  5. 転職

介護の仕事に英語は必要?英語力が介護の転職で活きるのか

あらゆる分野で英語が話せる人が活躍しています。

外資系の仕事はもちろん、ホテルや飲食店でも海外の方が来た場合、英語が話せると活躍の場が増えるでしょう。

では、介護業界ではどうなんでしょうか。

介護の仕事をする上で英語が話せるというのは活かせるのでしょうか。

ここでは介護士に英語のスキルが必要なのかどうか、そのスキルを活かす場はあるのか紹介していきます。

介護の仕事に英語のスキルは必要?

介護=英語のスキルとは直接結びつかないと思われがちです。
確かに英語のスキルを活かせる場は今のところ少ないかもしれません。

どのような場面だと英語が活きるのでしょうか。

介護される側が外国人の場合

介護を受ける高齢者が外国人という場合があります。

国内で介護を受ける場合、介護保険を払っていて住んでいる事が条件でもあるので外国人でも介護を受ける権利はあります。

大体の人が日本に住んでる期間が長いでしょうから日本語も喋れるでしょう。

しかし、高齢者になり、認知症が発症した場合、昔の記憶は残りますが、最近の記憶はないとなる事も。

そうなると話す言葉は英語になってもおかしくはありませんね。

言葉が通じないとなると不穏にもなり、認知症の進行速度も速くなります。

そこで英語が出来る介護士がいれば、言葉も通じますので安心して生活する事が出来るでしょう。

こういった方は都市部に多いとは思いますが、今後高齢化が進むにつれて地方でも外国人の方が介護を受ける事が増えていくはずです。

家族が外国人の場合

訪問介護であるパターンです。

日本に在住なので、家族も日本語を話せる場合が多いですが、家族の介護をきっかけに日本に来る場合ももちろんあります。

そういった時に英語が話せる介護士がいれば安心します。

家族の介護をしてもらうわけですので、信頼出来る介護士の方に看てもらった方が安心出来ます。

また、訪問介護は施設よりも、家族との信頼関係が濃くなってきます。

普段の様子だったり、変化がないかどうか。コミュニケーションがスムーズに図れるのであれば安心して介護が出来るでしょう。

他の介護職員とのコミュニケーションで英語が活きることも

介護業界の人手不足を解消する為に、国は外国人労働者の受け入れを拡大しています。

介護業界もその中に含まれ、都市部では外国人の介護士が増えつつあります。

主に東南アジアから受け入れており、公用語は英語となっている所が多いです。

外国人労働者も日本に来る為に勉強はしますが、難しい日本語を覚えるのは相当大変です。

ましてやコミュニケーションを多く必要とする介護の仕事では言葉は重要になってきます。

そこで英語が話せる介護士がいると、高齢者との通訳にもなりますし、外国人労働者が悩みや聞いて欲しい時に話せる受け皿になってくれます。

そうする事でストレス軽減にも繋がり、仕事にも定着していくでしょう。

海外で働く場合

海外で働くのであれば英語のスキルは必須になりますね。

日本で介護の仕事をしており、結婚や引越しで海外に行く事があるかもしれません。

そこでも介護の仕事をしたいと思った場合、英語が話せないのでは勤める事が難しくなるでしょう。

また、日本の介護事業者が海外で介護事業を始める際に介護福祉士を募集する場合があります。

その際に英語が話せるのであれば、雇用される確率がぐっと高くなるでしょう。

ちなみに日本で介護福祉士の資格を取得していても、海外ではその資格ではなく、別の資格が必要な場合が多いです。

また文化が違いますので海外での介護は更に難しいと思います。

食事介助や排泄介助は日本と変わりはないので、その点は学んだ事を活かせる事が出来ます。

介護職で英語ができると転職するのに好評価?

実際に転職をするとした場合、英語が話せるのは転職に影響があるのか。
介護をする上で今のところは需要が低い場合がありますが、しかし、英語が話せる事は様々な好印象を与えるでしょう。

勉強熱心だと思われる

日本語が主要ではありますが、外国語を話せるというだけで勉強をしっかりしていたと思われます。

日本人で英語が話せる人は総人口の2%程度です。

この数字だけでも英語が話せる人がいかに凄いかが分かると思います。

面接で英語が話せる事を伝えれば、現場で使う機会は少なくとも悪い評価には繋がりません。

今後英語が活かせる場合がある

現在の環境では活かせない場合がありますが、外国人の介護をする機会があるかもしれません。

そうなってから募集をかけても遅いので、話せる人がいるなら雇用しようと思う事業主は多いはずです。

外国人労働者との仲介役

外国人労働者を雇用する場合に、仲介役として活躍します。外国人の方も英語が話せる日本人がいる事で安心して勤める事が出来ますし、事業主側も任せられる人物と評価してくれるはずです。

介護業界では英語は必須ではないが、英語ができることで評価は高くなる可能性がある

介護の仕事でも英語を活かせる職場はあります。

転職する際の強みにもなりますので、話せるのであれば、積極的にアピールするといいでしょう。

まだまだ英語を求める求人というのはほとんどないものの、もし英語ができるということで、英語力を少しでも活かしたいということであれば、転職エージェント等に相談し、そうした求人先がないか相談してみても良いかと思います。

本サイトでも転職エージェントや転職サイトに関することに触れた記事がございますので、興味のある方はご覧ください。

関連記事

現在介護業界で働いている方はもちろんこれから介護業界で働こうかどうか迷っている方に向けて、介護業界の転職でおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介しつつ、転職で失敗しないコツなんかも紹介していきたいと思います。 介護士向けの転職サ[…]

介護士・保育士・看護師・薬剤師等各職種ごとにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職に失敗しないコツなんかも紹介していますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。