注目キーワード
  1. 介護
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 保育士
  5. 転職

看護師の給料事情 看護師の平均年収はどのくらい?

こんにちは。今回は少しいやらしいお金の話です。

医療業界では仕事内容を見るとわかるように手当なども他業種と比べて異なるのが特徴です。

では、看護師のお給料はどれくらいなのか?

またお給料をアップするのに必要なことなどをお話したいと思います。

看護師のお給料事情

看護師のお給料について細かく見ていきたいと思います。

月のお給料は基本給のほかに、通勤手当、住居手当、夜勤手当などがつきます。

夜勤手当には深夜帯での勤務なので深夜手当というものもつきます。

夜勤は病院にもよりますが、平均して6〜7回、6万円から7万円の間が多いです。

その為、総支給額だと30〜35万円くらいとなります。

勿論、外来で働いている看護師と病棟で働いている看護師とでは夜勤や残業面で支給額に差が生じます。

また、手術室の看護師だとオンコールなどの待機手当がつく為、給料が異なってきます。

年収は平均すると400万〜500万円となります。

看護師はキャリアアップとして看護師長や主任のポストがあるため、それらの役職に就けば、当然給料も上がります。

師長や主任になるには、人物的に優れているだけでなく、看護師としてのスキルや知識をコツコツと磨いていく必要があります。

他職種と比べて年収はどう?年齢による看護師の給料の変化について

では病院内での他職種との給料の比較はどうでしょうか。

医師は別として、薬剤師やリハビリテーションなどのコメディカルと比較すると大きな差はないようです。

しかし、夜勤に入っている看護師は、日中だけの勤務であるリハビリテーションなどと比べるとわずかに給料が高いです。

また、年齢による給料の変化ですがこれに関しては横ばいであると考えられます。

なぜなら、年齢が上がるにつれて基本給は上がりますが、結婚や子育てによって夜勤に入る回数が減って行く傾向にあります。

ですので、トータルで考えるともらえる給料に大きな差はないと思われます。

また、他の業界と比較してですが、新卒の場合20代での給料は他と比べて平均的に上回りますが、昇進していくにつれて段々と抜かされていくのが現状です。

看護師が給料をアップさせるコツ

看護師として実際に働いていて、給料をアップさせる為に必要だと思ったことを3つほどご紹介します。

a.資格を取る

資格=給料アップに直接つながるわけではありませんが、資格を取ることは看護師としてのキャリアアップになるためオススメします。

中でも、「専門看護師」と「認定看護師」はハードルは高いものの、日本看護協会は認定している資格であり、確実な給料アップを試みることができます。

こちらに関しては難易度はもちろんのこと、時間やお金の面でもハードルが高いため注意が必要です。

こちらの2つにはちょっと手を出すことが出来ない方には診療科目の専門資格を取ることをオススメします。

例えば、呼吸器系であれば「3学界呼吸療法認定士」、循環器系であれば「体外循環認定士」など、資格をとれば給料アップも見込めます。

b.管理職へと昇進

こちらに関しては1年や2年でなれるものではありませんので道のりまでにはおよそ10年程と長期を要します。

看護師の管理職には主に、主任・師長・部長の3つがあり、各管理職手当も異なってきます。

主任は約1〜2万円、師長は約4〜5万円、部長は約6〜7万円の管理職手当がついてきます。

上になればなるほど臨床と言うよりはマネジメントの業務が主となってくる為当直手当などはつきません。

ですので部長になれば年収750〜800万円は可能となるでしょう。

管理職に就任したとしても毎月の給料に大きな増加があるわけではなく、他の業種と比べても少ないのが現状です。

しかし、看護としての業務の幅がとても広くなり、やりがいも大きく感じることが出来ます。

管理職には日々の臨床経験に加えて、コミュニケーション・マネージメント・リーダーシップの3つが大切になってきます。

c.具体的な目標を持って仕事をする

上の二つもこの一部に含まれますが、一年の中で具体的な目標を持って仕事をすることは給料アップにつながるのです。

私の勤めている病院では、業績評価制度といったものがあり、半年の業績内容によってボーナスの額面が変わるというものです。

ですから、通常の会社同様、病院にとってプラスに働いた業績を残すほど評価されてボーナスが上がるものです。

私は、単に仕事をこなすというだけでなく、この業績評価制度をうまく利用してボーナスをあげる為にスキルを磨いています。

その目標は資格を取るだけでなく、その資格を取得したら現場でどう生かすのかまで考えなければ意味がありません。

実際の治療に生かすこともあれば、周りに共有してチーム医療全体のスキルアップを図ることもできます。

具体的な目標設定を行い、それを実行していくことで、評価が上がり給料アップにつながります。

看護師の給料・年収事情まとめ

いかがだったでしょうか。

私は新卒の時、一般企業に入社した周りの子と比べて看護師の給料が高いことに優越感を抱いていました。

まあそれだけ大変な職場なのですが。

しかし、そこから給料を上げる為には自分で努力していく必要があります。

日々の業務をこなしているだけでは給料は上がりません。

目標を持ってコツコツと頑張れば評価は上がっていくので頑張りましょう。

人気記事看護師におすすめの転職サイト・転職エージェントは?転職で失敗しないコツも紹介!

介護士・保育士・看護師・薬剤師等各職種ごとにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職に失敗しないコツなんかも紹介していますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。