注目キーワード
  1. 介護
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 保育士
  5. 転職

保育士の転職で知っておきたい「住宅手当・家賃補助」について ~保育園や地域・自治体によって差がある?~

初めて保育士になる方も、これまで経験がある方も、転職する上で給料や福利厚生については気になるとことですよね。

保育士は基本給が少ないといわれていますが、住宅手当や家賃補助についてはどうなのでしょうか。

保育園や地域によって差があるのかも気になるところと思います。

今回は、保育士として転職を考えている方に向けて、保育園の「住宅手当・家賃補助」についてまとめてみました。

住宅手当・家賃補助とは?

働く人たちの住居に関する手当のことを「住宅手当・家賃補助」といいます。

基本的に、家賃補助は個人で契約した賃貸物件の家賃をいくらか負担することをいいます。

住宅手当は、賃貸だけに限らず、持ち家に対しても支払われる手当も含みます。

はっきりとした定義が定められているわけではありません。

ですので、住宅手当も家賃補助も“住む家に関する手当”ということになります。

住宅手当・家賃補助:保育士はもらっている?

低賃金が原因で辞められる保育士の方も多いのですが、実は住宅手当や家賃補助をもらっている保育士は少なくありません。

近年特に保育士不足が問題となっているため、保育士の数を増やそうと、手当にも力を入れています。

しかし、保育士全員が手当をもらっているわけではありません。

もらっている方でも、保育園や地域によってその金額に差があるのが現状です。

住宅手当・家賃補助:首都圏と地方とのちがい

住んでいる地域によって住宅手当・家賃補助の金額は異なります。

特に、東京などの首都圏と九州などの地方では大きな差がみられるようです。

首都圏の住宅手当・家賃補助

保育士宿舎借り上げ支援事業

首都圏では、深刻な待機児童問題がでたことをきっかけに保育園の数を急激に増やしていきました。

しかし、今度は保育園で働く人が確保できずに、保育士不足に陥ってしまいます。

この問題を解決するために始まったのが“保育士宿舎借り上げ支援事業”でした。

家賃の一部を負担して、地方から上京する保育士を増やすことが目的です。

保育士は、最大8万2千円まで支給してもらうことが可能です。

物件にもよりますが、東京で1人暮らし用の物件であれば、自己負担額は1万円程度で済むことができます。

地方の住宅手当・家賃補助

地方でも、住宅手当や家賃補助を行う保育園はありますが、数はまだ少ないようです。

これらの手当は運営側も負担しなければならないので、それだけの財源を確保することが難しいからです。

手当を支給できても、なかなか上限をあげられない保育園が多くあるようです。

住宅手当・家賃補助:自治体の取り組み

各自治体にでも住宅手当・家賃補助に関する取り組みを行っています。

ここでも、首都圏と地方では差があるようです。

地域によって家賃の相場が違うので、手当の額に差があるのも当たり前なのかもしれませんが、いくつかの自治体の補助額を紹介するので参考にしてみてください。

首都圏の自治体

東京都千代田区

支給額:13万円
条件:千代田区の市立保育園に勤務していること
(※住居が東京都の他の区であれば上限が8万2千円になる)

神奈川県横浜市

支給額:6万1千円
条件:市内の保育施設に勤務していること
(※事業者が借り上げた宿舎に保育士が入居した場合にその経費を補助する)

地方の自治体

福岡県福岡市

支給額:1万円
条件:市内の保育施設に勤務する正規職員で、本人名義で賃貸契約している者

熊本県荒尾市

支給額:家賃の半額(上限は2万5千円)
条件:市内の保育施設に勤務する正規職員で、市内の民間賃貸住宅に住んでいる者

各地域によって、支給額に大きな差があることがわかりますね。地方でも福岡市のように人口が多い地域だと、金額を増やすことが難しいようです。

住宅手当・家賃手当:保育園での取り組み

国や地方自治体だけでなく、各保育園でも住宅手当・家賃補助を支給しているところがあります。

私自身が以前勤務していた保育園では、住宅手当が1万3千円支給されていました。

この金額は、私が住んでいる地域ですと、1人暮らしの家賃相場の約4分の1になります。

決して高い金額ではありませんでしたが、生活費の支えになったことは確かでした。

住宅手当・家賃手当のある求人の探し方

“保育士 求人 住宅手当”と検索すると、住宅手当・家賃補助のある求人が数多くでてきます。福利厚生が充実している園は、それを求人の中で大きくアピールしているので見つけやすいでしょう。

ほとんどの保育園で支給額が記載されています。

ただ、金額の隣に(規定対象者のみ支給)と書かれていることが多く、自分がその対象者にあたるのかは求人を見ただけではわからない場合があります。

支給条件としては、1人暮らしで本人名義で賃貸契約している場合が多いようです。

詳しくは直接保育園に確認してみるか、転職エージェント等を活用し、転職エージェント等を通じて情報をもらうのも良いでしょう。

住宅手当・家賃補助は重要なのでしっかり確認しておきましょう

今回は、保育士の転職を考えている方に向けて「住宅手当・家賃補助」についてまとめてみました。

金額には差があるものの、多くの自治体や保育園で手当を支給しています。

保育士不足が問題となっている昨今、これからさらに手当の額があがることが期待されます。

ぜひ、この記事を参考に理想の職場を見つけて、転職活動を成功させていってください!

住宅手当や家賃補助がしっかりしている保育園で働きたいとお考えの方はもちろん、基本的なお給料面等が気になっているがなかなか良い求人が見つけられないと悩んでいる方もいるかと思います。

こうしたケースでは転職エージェントを活用することで、ある程度あなたの希望する条件を満たした求人先の紹介を行ってくれたりサーチしてくれたりするので転職エージェントの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

今までに、保育士で転職を考えたことはありますか? 現在勤める保育園が合わなかったり、結婚や出産などのライフスタイルの変化で転職を考える機会は少なくありません。 しかし、転職したいと思っていても、その一歩を踏み出すのが不安に感じて[…]

介護士・保育士・看護師・薬剤師等各職種ごとにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職に失敗しないコツなんかも紹介していますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。