注目キーワード
  1. 介護
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 保育士
  5. 転職

【薬剤師の平均年収】30代薬剤師です。年収が低いと感じており転職を考えていますが薬剤師の平均年収はどのくらいですか?

長く働いていく上で年収は重要です。

年収をもっと上げたい、
他の薬局や病院で働く同じ年代の薬剤師がどのくらい年収をもらっているのか?
自分の年収は低い気がする、
など収入に関する悩みは薬剤師に限らず感じていることです。

薬剤師の年収相場に関してですが、概ね以下のようになります。

20代男性薬剤師:480万円
20代女性薬剤師:450万円
30代男性薬剤師:570万円
30代女性薬剤師:470万円
40代男性薬剤師:650万円
40代女性薬剤師:560万円
50代男性薬剤師:720万円
50代女性薬剤師:600万円

上記が薬剤師の平均年収となりますが、地域により差が大きいため、参考程度にとどめてください。

30代女性薬剤師の年収が男性と比べて低いのは、結婚や出産などのライフイベントを機に仕事をセーブする必要が出てくるからです。
そのため、低くなっておりますが、男女の違いで大きく年収が変わることは無く、こうした背景によるものとお考え下さい。

また、年収UPをお考えで、もしあなたが都内に勤務する薬剤師で地方への転職も問題無いというケースであれば、
地方へ転職することで年収アップが可能なケースもあります。

一般的には東京での勤務の方が年収は高いのですが、薬剤師に関しては、需給のバランスの問題から地方で薬剤師が不足しており年収が高い傾向にあります。
ただ、地域によりますので、このあたりは実際に転職する際は、転職エージェント等からしっかり情報収集しておきましょう。

また、年収に関しては勤務先の業種も重要です。
ドラッグストアなのか病院なのか等でも大きく変わります。

製薬会社勤務の方はやはり年収が高いです、
一方で、病院勤務の方は比較的年収が低めの傾向があります。

ドラッグストアは意外にも高年収の求人が多く、需要の高さがわかります。
調剤してくれる場所を併設しているドラッグストアをよく見かけることからわかるように、薬剤師を求めるドラッグストアは多いのです。

業種ごとの年収データは持ち合わせていないため提示できないのですが、
勤務先によっても年収が変わってきますので、年収に拘るのであれば注意しておきましょう。

ただ、労働環境も大きく変わるため、年収だけではなく、労働環境と収入などのバランスを見て転職先を見つけるのが良いでしょう。

いずれにせよ、目安となる平均年収は冒頭で記載した通りですので、大きく逸脱するようであれば、年収UP等を目的とした転職をお考えになっても良いのではないかと思います。

人気記事薬剤師におすすめの転職エージェント・転職サイトは?転職で失敗しないポイントも

人気記事薬剤師が転職エージェントを利用して転職するメリットは?

介護士・保育士・看護師・薬剤師等各職種ごとにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職に失敗しないコツなんかも紹介していますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。