注目キーワード
  1. 介護
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 保育士
  5. 転職

企業内保育所の求人が気になる保育士は多い?企業内保育所への転職と仕事内容について

保育士の活躍する現場は、認可保育園だけではありません。

無認可保育園・認証保育園・認定こども園・託児所などのさまざまな種類の施設があります。

その中でも、近年よく聞くのが「企業内保育所」。みなさんは聞いたことがあるでしょうか?

もし聞いたことがある方でも、実際にどんな施設なのか詳しく知らない方が多いはずです。

しかし、転職を考えている保育士は意外と「企業内保育所」を候補に入れています。

今回は、転職活動にも役立つように「企業内保育所」についてまとめてみました。

企業内保育所とは

「企業内保育所」とは、会社側がそこで働く従業員たちのためにつくった保育所のことをいいます。

子どもと一緒に出退勤ができることや、子どもが体調を崩した時にすぐにお迎えにいけることが特徴です。

女性が活躍しやすい企業で設置されているところが多く、有名な企業ですと「資生堂」や「サマンサタバタ」CMでおなじみの「ヤクルト」などが挙げられます。

近年では出産後の仕事復帰先に、企業内保育所がある会社を選ぶ人たちも増えてきました。

最近人気の出てきた企業内保育所~選ばれる4つの理由~

「企業内保育所」は働きたいママたちに需要の高い施設ですが、実は保育士たちの間でも最近話題となっています。

転職先を企業内保育所に絞って探している人もいるほどです。

なぜ保育士たちの間で企業内保育所が人気なのか、その理由を4つに分けて解説したいと思います。

選ばれる理由①行事ごとが少ない

まず、「企業内保育所」の主な目的は従業員の子どもを預かることなので、保育園のような行事ごとはほとんどありません。

もう一つの理由は、保護者たちが同じ会社で働いているので、運動会やお遊戯会があっても休みをとることが難しいからです。

保育士と子どもたちだけで楽しめるような簡単なイベントはあるかもしれませんが、保育園のようなおおがかりではありません。

そのため、保育士のストレスにもなりやすい「行事の準備」をほとんどしなくて済むのです。

選ばれる理由②労働環境が整えられている

「企業内保育所」は、働く女性のために設置されています。

そのため、保育所で働く保育士たちの労働環境にも配慮しているところがほとんどです。

給料自体が保育園より高い水準だったり、有給や手当などの福利厚生がしっかりしています。

残業が少なかったり、もしあったとしても残業代が出たりと、企業と同じ労働環境であることが保育士の人気を集めている理由の1つといえます。

選ばれる理由③子どもとゆとりをもって関われる

1つの会社の中で、子どもがいる従業員はそれほど多いわけではありません。

もちろん、企業によって異なりますが、子どもの人数は小規模保育園とさほど変わりはないでしょう。

一般企業と同じ労働環境で、尚且つ子どもとゆっくり関われるとなれば、「企業内保育所」に転職したいと思う保育士が増えても不思議ではありません。

今の保育園の給料や残業に不満を持つ人や、子どもの人数が多くて日々仕事に追われている人にとってはとても魅力的に見えることでしょう。

選ばれる理由④保護者との連絡がスムーズ

これは少し細かいことになりますが、子どもが体調を崩して保護者に電話をいれ実際にお迎えにくるまでの時間、意外と人手を取られて大変だと感じたことはありませんか?

保護者もその時の状況や職場までの距離によって、すぐに迎えに来られるわけではありません。

そのような時に、企業内保育所だとすぐに迎えに来てもらうこともできます。

そのうえ、保育士も同じ企業で働く従業員のようなもの。

一般の保育園よりもお互いに親近感がわいて、コミュニケーションが取りやすかったりします。

保護者対応のストレスで辞めてしまう保育士も多いので、そんな方の転職先としても人気です。

企業内保育所は無資格でも働ける?

「企業内保育所」は、一般企業が設置した保育所になるので、無認可であることがほとんどです。

無認可は保育士資格の人数が決まっていないので、無資格の人でも働くことができます。

他の保育園よりも企業寄りの施設なので、無資格で一般企業からの転職を考えている方にもおすすめです。

しかし、すべての企業内保育所に当てはまるわけではないので、気になる求人を見つけたら1度電話などで確認してみましょう。

保育士は企業内保育所への転職も視野に入れてみよう

いかがだったでしょうか。
転職先として保育士たちに人気の「企業内保育所」。

企業内ということもあり、その特徴は場所によってさまざまですし、待遇も多種多様です。

しかし、このような保育所が増えることによって子育てをされている方たちがより働きやすい環境になっているのは確かです。

そして、その分保育士の人でも必要となってきて私たちの活躍の幅も広がってくるでしょう。

もし、今の保育園が合わないと感じているのなら転職をおすすめします。

あなたに合う場所は必ずあるので、企業内保育所も視野に入れつつ、理想の職場を探してみてください!

人気記事保育士に強い転職サイト・転職エージェントは?【転職で失敗しないコツも紹介!】

人気記事保育士の給料は安い?上がるのか?保育士の給料・年収事情

介護士・保育士・看護師・薬剤師等各職種ごとにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職に失敗しないコツなんかも紹介していますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。