注目キーワード
  1. 介護
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 保育士
  5. 転職

介護職への転職で年齢がネックになるケースはある?介護業界の転職と年齢について

現在年齢はいくつになりますか?

昔は35歳を越えてしまうと転職は難しいと言われている時代でした。

現在はというと売り手市場となっていますので、35歳を越えたとしてもそれなりのスキルがあり、即戦力になるのであれば、転職はしやすいです。

とは言いつつもやはり年齢は気になってしまいますよね?

介護業界ではどうなんでしょう?
やはり転職するには年齢は関係してくるのでしょうか?

ここでは介護業界への転職で年齢がネックになるのかについて紹介していきます。

介護業界への転職に年齢はネックになる?

介護職へ転職する際に年齢を気にしてる人も多いでしょうが、年齢はネックにならない場合がほとんどです。その理由は何故か。

常に人員不足だから

介護業界は常に慢性的な人手不足に悩まされています。

高齢化社会が益々加速していく中、介護の人員不足は深刻になっています。

国も分かっているので、2019年10月から10年以上介護業務に従事している方を対象に給与を上げる方向になっていますし、外国人労働者の受け入れも積極的に行っています。

このような政策をしてもなかなか人が集まらないのが現状です。

その為、年齢がネックになって転職が出来ないという事はないと思っていいです。

未経験からでも転職しやすい

介護業界は未経験からでも転職しやすい状況になっています。

前職が畑違いの仕事だとしても採用される場合があります。

先程述べた人員不足というのも理由ですが、介護の仕事は知識や技術だけでなく、その人の人柄もあります。

人を相手にする仕事なので、この人柄というのが大切になってきますので、経験がなくとも転職しやすいです。

年齢の幅が広い

男性よりも女性の方が多い介護職ですが、年齢はバラつきがありますし、年齢が上だから役職についてるというわけでもありません。

若くても主任をしてる人もいれば、年長者でも現場で働いてる人がいます。

何を言いたいのかと言うと、年齢に関係なく採用される人が多いので、年長者でも後から入ってくれば最初からになりますね。

この状況から見ても年齢で転職がネックになるという事はないはずです。

介護職の転職で年齢が問題になる場合もある?

じゃあ年齢が高くなっても問題ないのかと言うとやはり不利になる部分もあります。

長期で働いてもらいたい

企業は採用した職員には長く働いてもらいたいものです。

長期目線で考えた場合、1人採用の所、若い人と40代、50代の人が同時に応募した場合、若い人が採用されるという可能性があります。

この場合、どうしても若い人を採用しがちになるでしょう。

働いた事がない人

未経験でも採用され、年齢もあまりネックにならない介護職の仕事ですが、成人してから全く働いた事がない人は採用されるのが難しいでしょう。

年齢にももちろんよりますが、全く働いた事がないと採用する側も「大丈夫なのか?」と不安に思います。

理由があれば良いのですが、理由がない場合は採用を見送られるかもしれません。

高齢過ぎた場合

介護職は当然ながら体力を使う仕事です。自分の年齢が高齢になっている(50代後半や60代)場合採用されるのは難しいかもしれません。

正職員としては無理でもパート勤務や直接介護するのではなく、掃除や調理の方に回るのも手かもしれません。

それでも年齢が気になる人は

年齢は気にしない介護職ですが、実際転職活動をしてみないと不安は払拭されないかもしれませんね。

では、年齢が高くても転職しやすいように準備はしておきましょう。

介護の知識をつけておく

年齢がネックになっているのなら転職をしやすいように介護の知識をつけておくといいです。

介護は医療分野の知識も必要になってくるので学ぶ事は膨大にあります。

技術は転職してからでも身につきますの、まずは勉強をしておくといいでしょう。

コミュニケーション力をつける

介護の仕事で大事なのはコミュニケーション能力です。

こちらから話すのはもちろんですが、高齢者の話しを傾聴し、同意する事が大事になります。

知識や技術だけでなく、コミュニケーションが1番大事だと言ってもいいくらいです。

現在の仕事を頑張る

転職するのに現在の仕事を頑張るのはおかしいかもしれませんが、現在の仕事のスキルが介護の仕事に活かせるかもしれません。

例えば営業職の人であれば、コミュニケーション力をつける事が出来ますし、飲食店勤務の人だと接客スキルを磨けば、こちらも介護に活かせます。

何より仕事を頑張れる人は介護の仕事も頑張れるはずです。

管理職を経験している

管理職を経験していると、職員のマネジメント業務もすると思います。

介護職は人を相手にする仕事なので、チームワークが必要になります。

職員を上手くマネジメント出来る人であれば年齢に関係なく採用される確率が高くなるでしょう。

介護業界への転職では年齢が問題になることは少ない

介護職への転職に年齢は関係なく出来ます。

それでも年齢が気になってしまうのであれば、今のうちに勉強をしたり、自分の今持っているスキルを磨くのも良いでしょう。

自身の年齢や経験値が気になってなかなか自身をもって転職活動ができないとお悩みの方は転職エージェントを利用するのも良いでしょう。

あなたの状況にマッチする介護求人を紹介してくれるとともに、悩みを解消してくれます。
ご参照いただければ幸いです。

介護士転職サイト「きらケア求人」
※介護士に特化した専門の転職アドバイザーがあなたの希望にマッチする求人先の提案をしてくれます。
転職アドバイザーとの面談を通して、これまで自身では気づくことができなかったあなたの強みに気が付くこともあり、自分ではネックだと思っていた部分が逆に強みとなって転職活動がスムーズに進むこともあります。

年齢やこれまでのご経歴が気になるという方もいらっしゃるかと思いますので、そのようなケースでも相談してみると良いでしょう。

転職活動に自信が無い方や、どのような職場へ転職しようか悩んでいる方は一度登録して相談してみると良いです。
スムーズに転職することが出来ます。

【しろくま介護ナビ】介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート
※年齢のみならず、極力残業が少ない環境へ転職したいとお考えの介護士の方や、有給休暇が取りやすいところへ転職したいといった希望をお持ちの方に良いでしょう。

こちらの転職エージェントは介護・福祉・看護に関連した何かしらの資格を持っている方が対象となるため、資格をお持ちの方が利用するのにおすすめです。

人気記事介護の転職で失敗しないコツ 自分にマッチした介護施設・求人先へ転職しよう!

人気記事介護業界に強い転職エージェント・転職サイトは?【ランキング比較は無意味】

介護士・保育士・看護師・薬剤師等各職種ごとにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職に失敗しないコツなんかも紹介していますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。