注目キーワード
  1. 介護
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 保育士
  5. 転職

病院内の保育園へ転職 病院内保育士になるには?

転職を考えている保育士のみなさん、「病院内保育士」という言葉を聞いたことはありますか?

保育士といえば一般の認可保育園で働く姿をイメージしがちですが、保育園意外にも保育士が活躍できる場所はたくさんあります。

今回は、その中から「病院内保育士」について詳しく紹介していきたいと思います。転職したいけど保育園以外のところも気になる方は、ぜひ一度ご一読ください。

病院内の保育園とは?

病院内の保育園とは、その名の通り病院の中や近くに隣接された保育園のことをいいます。病院で働く医師や看護師などの子どもたちを預かる保育施設です。

近年、企業内保育所が増えてきていますが、その病院バージョンと思っていただければ想像しやすいでしょう。

病院内保育園のおかげで職場復帰がしやすくなった

病院によっても異なりますが、医師や看護師には夜間勤務があります。

昼間のみの勤務でも、緊急の患者を対応した場合は残業になる場合も多く、保育園に預けながら働くことはとても難しいのです。そのため、出産を機に辞めてしまう方も多くいました。

しかし、病院内保育園があることで、子どもを預けながら働くことが可能になり、育休を経て職場復帰する方が増えてきました。

間違えられやすい病児保育士との違い

病院内保育士について紹介する前に、病児保育士との違いについて知っていただきたいと思います。

保育園で働く中で、「子どもが熱を出したので、今日は病児保育にします」と保護者から言われたことはありませんか?

保育園に通う子どもたちが病気にかかって預けられない場合に、一時預かりをしてくれるのが病児保育で、そこで働く保育士のことを病児保育士といいます。

病院内で働くスタッフの子どもを預かる保育施設が病院内保育園で、病気になった子どもを一時的に預かる保育施設が病児保育です。

どちらも求人に記載されているので、間違わないように注意しましょう。

病院内保育士の仕事内容

病院内保育士の仕事内容自体は、基本的に一般の保育施設とあまり変わりはありません。

しかし、勤務時間は大きく異なり、24時間体制の場合も多くあります。

医師や看護師の出勤に合わせて子どもたちも登園してくるので、毎日の登園人数もバラバラで年齢が違っていてもみんなで一緒に過ごす場合が多いようです。

年齢ごとにクラスが分かれている認可保育園より、一時預かり保育所や小規模保育園と似ています。

運動会やお遊戯会などの行事ごとも少ないので、子どもたちとゆっくり関わりたい方にはおすすめです。

病院内保育士の給料

一般の保育園に比べて、基本給が比較的高いところが多いです。

また、夜勤をすれば手当も上乗せされるので保育士としては高い給料をもらうことができるでしょう。

もちろん、地域や病院によって細かい金額は変わってきますが、深夜勤務がある分手当が多いことは確かです。

病院内保育士のメリット

 病院内保育士のメリットは、

・給料が高い
・行事ごとが少ない
・子どもたちのゆっくり関わることができる
・保護者との連絡がスムーズに行える
・残業や持ち帰りの仕事が少ない

などが挙げられます。

子どもとゆっくり関わることができることや行事や残業が少ない点は、小規模保育園のメリットとよく似ています。

それに加えて給与面も充実しているので、仕事量や給料の低さで転職を考えている方は、おすすめできる仕事といえます。

病院内保育士のデメリット

 病院内保育士のデメリットは、

・夜間勤務がある
・施設が小さく保育内容が制限される
・保育士らしい仕事が少ない
・地域によっては求人がほとんどないこともある

等が挙げられます。

医師や看護師の子どものための保育園なので、基本的に24時間体制です。シフトは保育園によって異なりますが、一般的な保育園よりも生活リズムが崩れてしまうこともあるでしょう。

また、施設自体も小さかったり園庭がなかったりすることも多いため、保育園らしい活動よりは家にいるときと同じような遊びになってしまいます。

病院内保育士に転職するには

病院内保育士になるための特別な資格は必要ありません。

保育士資格がなくても、保育補助として採用してくれるところもあります。

近年、病院内の保育園が増えてきてそこで働く保育士の求人数も増えてきましたが、一般的な保育園と比べるとまだまだ少ないのが現状です。

ですので、特別な資格やスキルを身につけることよりも、希望の求人を見つけることに力を注いだ方が良いでしょう。

病院内の保育園含め一般的な保育園以外の選択肢も視野に入れて転職を考えても良い

いかがでしたでしょうか。

保育園以外にも保育士として働ける場所はたくさんあります。

保育士を辞めたいと思っている方は、今とは違う種類の保育施設を探してみるのも良いかもしれませんね。

子どもが好きなのであれば、ぜひ保育士を続けてほしいと思います。

子どもとゆっくり関わることができて仕事量も比較的少ない病院内保育士は、近年どんどん人気が出てきています。

希望の場所で働くためにも、転職を考えたらできるだけ早く行動に移しましょう。

この記事を参考に、病院内保育士も視野に入れて探してみてくださいね。

人気記事保育士に強い転職サイト・転職エージェントは?【転職で失敗しないコツも紹介!】

人気記事保育士の給料は安い?上がるのか?保育士の給料・年収事情

介護士・保育士・看護師・薬剤師等各職種ごとにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職に失敗しないコツなんかも紹介していますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。