注目キーワード
  1. 介護
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 保育士
  5. 転職

子育てと保育士の仕事は両立できる?家庭を重視したい保育士の転職

独身の頃は、バリバリ働いていた方でも結婚・出産・子育てを経験していくうちに、仕事と家庭の両立の難しさを実感し、なかなか仕事復帰ができない方も多いことでしょう。

保育士も例外ではありません。

でも、せっかく「保育士として働きたい!」と思っているのであれば、ぜひ挑戦してほしいものです。

今回は、そんな家庭を重視したい方に向けて、両立のコツや転職先の選び方について紹介していきたいと思います。

残業と持ち帰りの仕事が多い保育士

基本的に保育士はシフト制ですが、シフトに書かれている時間は子どもと一緒に過ごす時間です。

事務作業も多い保育士は、シフト内でそれらの仕事を終わらせることが難しく、結果的に残業や持ち帰りの仕事が増えてしまうことがよくあります。

独身の頃は、仕事に没頭することもできますが、家庭ができてしまうとそうはいきません。

そのため、結婚を機に退職してしまう保育士も多くいるのが現状です。

働き方を考えれば子育てと仕事の両立は可能

保育士は仕事量が多いですが、実は子育てと仕事の両立は十分に可能なのです。

ポイントは、働き方を見直すこと。同じ保育士でも働き方を工夫することで、家庭を重視しながら活躍することができますよ。
 

子育てと仕事の両立を可能にする3つの働き方

【保育士の働き方①時短勤務】

保育園によって違いますが、正社員でも時短勤務で働けるところがあります。

ここ最近では保育士不足ということもあり、時短勤務制度を取り入れている保育園がどんどん増えてきました。

求人を探す際には、時短制度についてもチェックしておきましょう。

しかし、正社員ということもあり、転職したばかりでも即戦力として期待されている場合が多いです。

【保育士の働き方②パート勤務】

正社員よりも給料は低くなってしまいますが、その分、シフトの時間を固定にできたり働く時間や日数をあらかじめ決めることもできます。

また、残業や持ち帰りの仕事がない場合が多いので家庭との両立を考えている方にはおすすめの働き方です。

責任のある仕事は任せてもらえない場合もありますが、その分子どもの急な体調不良などのときは、正社員よりも休みや早退しやすくなります。

【保育士の働き方③派遣勤務】

派遣会社に登録して、そこから紹介される保育園で勤務することを派遣保育士といいます。

勤務期間が短かったりいろんな保育園を転々とする場合もありますが、保育園の情報について詳しいので子育てと両立しやすい保育園を選んでもらうことができます。

勤務が始まっても担当者がサポートしてくれるので、初めて保育士として働く方は派遣勤務から初めて見るのも良いでしょう。

家庭を重視するための転職先3つの選び方

先ほどは子育てと仕事の両立に向けた働き方について紹介しました。

ここからは、実際に転職する場合の保育園の選び方を見ていきましょう。

保育園の選び方①自園に預けられるところを選ぶ

自園に預けることができれば、子どもが熱を出したり風をひいたときに、すぐに様子をと比べて早退や欠席しやすいでしょう。仕事復帰後の悩みとして、子どもの急な体調変化に合わせるのが難しいことがよく挙げられているので、せっかく保育園で働くなら自園に預けた方がメリットが大きいです。

保育園の選び方②子育て中の保育士がいるところを選ぶ

実際に子育てをしながら働く保育士が多ければ、保育園側も対応に慣れていますし家庭を重視することへの理解もあります。

子育てと仕事の両立の大変さや、さまざまな場面での対処法は、やはり経験者からの言葉が一番です。

保育士の知り合いから情報を集めるか、派遣に登録して担当者から、現場で働く人について質問してみるのも良いでしょう。

保育園によって働く保育士の年齢層はバラバラですので、面接前に保育園見学に行ってどんな人が働いているのか見てみるのもおすすめです。

保育園の選び方③小規模保育園や託児所を選ぶ

小規模保育園や託児所では子どもの人数が少ない分、仕事量が軽減されたり持ち帰りの仕事や残業があまりないこともあります。

また、年間行事も少ない場合が多いので行事の前後に急激に忙しくなってしまうことも少ないでしょう。

子育てと仕事を両立させたいけど、正社員でしっかり稼ぎたい人は、子どもの人数が少ない保育園を探すと希望に近いところを見つけやすいです。

子育て中だからこそ活躍できる保育士

保育士は、子どもが産まれるとなかなか復帰しにくいと思われがちですが、子育て中だからこそ活躍できるチャンスはたくさんあります。

基本的な子どもへのお世話は、日ごろの子育てを思い出してやっていければ充分です。

同じ子育て経験者ということもあり、保護者からの信頼度も高くなります。

子育てしながら保育士として働くことは可能

いかがだったでしょうか。

子育てと仕事を両立するために役立つ情報をまとめてみました。

家庭を重視しながら保育士をしたいのであれば、“どんな保育園を選ぶのか”“どんな働き方を選ぶのか”の2点がとても重要なポイントになります。

そのため保育園選びの際は保育園の内情や情報に詳しい転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

保育士として働けるところは、認可保育園だけではありません。
大切な我が子との時間をしっかりとりながら、保育士としての仕事も楽しんでくださいね。

人気記事保育士に強い転職サイト・転職エージェントは?【転職で失敗しないコツも紹介!】

人気記事保育士の給料は安い?上がるのか?保育士の給料・年収事情

介護士・保育士・看護師・薬剤師等各職種ごとにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職に失敗しないコツなんかも紹介していますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。