注目キーワード
  1. 介護
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 保育士
  5. 転職

薬剤師の調剤薬局への転職 調剤薬局の仕事内容と転職の注意点

調剤薬局での学生実習が薬剤師になるために必須であることなどから調剤薬局薬剤師は薬剤師にとって代表的なお仕事です。

では、実際にはどのような仕事を行い、調剤薬局薬剤師への転職時にはどのような注意点があるのでしょうか。
今後の調剤薬局の有り方を踏まえてみていきましょう。

調剤薬局での薬剤師の仕事内容

調剤薬局では薬剤師は大きく分けると、調剤業務、服薬指導、薬歴管理です。

調剤業務とは処方せんをもとに調剤を行いますが、その中でお薬手帳や薬歴と見比べながらほかの薬と飲み合わせが悪いものが入っていないかなど、患者さんが飲んではいけない薬が入っていないかをしっかりチェックしていきます。

もし処方内容に何か疑問点があれば処方した医師などに疑義照会が必要になります。

次の服薬指導では患者さんにお薬の飲み方や注意点などを説明していきます。

ただ説明するだけでなく、患者さんから病状や必要に応じて診察時の様子なども聞きます。このやり取りで改めて疑義照会の必要性が出る場合が有りますので、誤った処方が患者さんに害を加えてしまう前の最後の砦になるともいえます。

最後に行うのが薬歴管理です。
大手調剤薬局では基本的に電子薬歴が採用されていますが、服薬指導の際の会話、それをもとに得た情報(病状、治療経過など)薬歴を記入していきます。

どの調剤薬局でもこの作業の流れは一緒ですが、調剤業務の一部を事務員が行っていたり、調剤業務⇒服薬指導⇒薬歴管理と言う順番で行わず、調剤業務⇒服薬指導が終わった後まとめて薬歴管理を行う場合もあります。

調剤薬局への転職で目指せるもの

調剤薬局と一言で言ってもどのように働きたいかによって確認するポイントが異なってきます。

たくさんのお薬に携わりたい薬剤師の転職先

お勧め先:総合病院の門前薬局、調剤薬局チェーンの全国転勤型

科にとらわれずに多くの薬を扱うことが出来るのは総合病院の門前薬局もしくは調剤薬局チェーンの全国転勤型でしょう。

総合病院であればその分患者さんも多く、勉強も必要になり忙しくなるでしょうが、多種多様だけでなく、新しい薬を扱うことも可能になりますので飽きずに日々刺激を受けながら業務を行うことが出来ます。

また、調剤薬局チェーンの全国転勤型であればたとえ取り扱う薬の数が少ない調剤薬局に勤務することになってもある通常一定期間後には転勤することで新たに知見を広げることが出来ます。

一つの分野を極めたい薬剤師の転職先

お勧め先:単一科目診療の門前薬局、調剤薬局チェーンの地域勤務型

個人院のそばの調剤薬局であれば基本的にその科の処方しか扱わないため決まった分野での知識を極めることが可能です。

全国展開している調剤薬局チェーンであっても地域勤務型であれば通勤距離などで店舗を指定することも可能なので単一科の個人院の前の調剤薬局を指定することが出来る可能性が高いです。

しっかりした福利厚生がほしい

お勧め先:大手調剤薬局チェーン

もし福利厚生を求めるのであれば大手調剤薬局チェーンが一番良いでしょう。

人数や制度の整った大手調剤薬局チェーンであれば産休や育休、さらにリフレッシュ休暇といった福利厚生を活用できる可能性が高いです。

がんがん稼ぎたい薬剤師の転職先

お勧め先①:地方調剤薬局勤務⇒個人薬局経営

稼ぎたい!年収を上げたい!という希望があるのであれば需要があるところに目を向けるとびっくりするくらいの年収で調剤薬局募集を行っています。

ただし、その分田舎だったり、忙しかったりと何かしら理由があることを念頭に置いたほうがいいでしょう。

さらにそこから自分の調剤薬局を経営することでさらに稼ぐことが出来ます。

お勧め先②:調剤薬局チェーン⇒経営に携わる

実務より経営にかかわることで高収入を目指したいと言うことであれば調剤薬局チェーンに入社後、エリア長などに上り詰め、本社に異動することで経営に携わることが可能です。

調剤薬局業務から経営や営業、企画といった別業種への異動となるのでまた1から勉強することにはなりますが、その意思があれば可能でしょう。

薬剤師の調剤薬局への転職のポイントまとめ

調剤薬局の仕事内容、転職先選びのポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

調剤薬局と一言で言っても多くの種類の調剤薬局があり、その中でも雇用形態や店舗規模やタイプによって仕事内容や忙しさと言った部分が変わってきます。

細かい情報は転職サイトで確認可能ですので一度登録し、必要な情報を入手しましょう。

介護士・保育士・看護師・薬剤師等各職種ごとにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職に失敗しないコツなんかも紹介していますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。